贈り物は人間関係を癒す潤滑油だと言われています。また、さまざま場面でプレゼントが効果的に使われると、予想もしなかった喜びを感じることもあります。プレゼントはサプライズ、喜び、涙、嬉しさ、感動、感謝を伝えるものです。誕生日のお祝いや新築祝い、結婚式、出産祝い、成人式、バレンタインデーなど年間のプレゼントに関連する行事はたくさんあります。最近ではギフトを選ぶとき、カタログやギフト券などを利用する人も増えてきました。またオリジナルなものも好まれます。こうしたプレゼント選びには頭を悩ませますが、このページで素敵なプレンゼントを見つけてください。

2009年08月10日

【台風9号】滝のような雨…悲しみ深める被災者の遺族◆

あなたに役立つニュースは見つかりましたか?

報道の裏側は、読むと面白い記事もあります。
知りたい情報が無いときはがっかりしますが、それも仕方がないですね。
こんなニュースも話の種になると思いますので、ちょっと読んでみて下さい。



【台風9号】滝のような雨…悲しみ深める被災者の遺族
8月10日20時57分配信 産経新聞






佐用町の体育館に避難した住民らは不安な夜を過ごした=10日午後、兵庫県佐用町(彦野公太朗撮影)(写真:産経新聞)



滝のように降り注ぐ雨、一気に増水しはんらんした川。あふれ出した濁流は手を取り合って避難していた家族や、災害対策に車で向かった町職員をのみ込んだ。台風9号による豪雨被害。兵庫県佐用町は10日午後から晴れ間が広がり、町は無残な姿をさらけ出した。

「『ありがとう、また来るね』と声をかけてくれたのに、まさかこんなことになるとは」。家族4人で避難途中に流され、死亡が確認された佐用町本郷の会社員、井上利則さん(40)の父、静夫さん(72)は目を赤らめながら、絞り出すような声で話した。

本郷地区では、町が避難勧告を出す前の9日午後8時ごろ、川の横にある公民館に対策本部を設置。周辺住宅54世帯の全戸に通報が伝わる防災無線で自宅待機を呼びかけた。住民らは着替えなどを持って、ほかの家族らと手をつなぎ、200〜300メートル離れた公民館へ向けて水があふれた道路を渡っていたという。井上さん一家はこの際、濁流に流されたとみられている。

「『おじいちゃん、おじいちゃん』ってね。孫が肩に抱きついてくるんだよ」。昔からまじめな性格だった利則さんは、ゴルフ場の支配人として奮闘し、さなえさん(32)と結婚してからは長男の唯人君(7)、長女の優里ちゃん(4)の2人の子を授かった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090810-00000622-san-soci




今日のニュースは、いかがだったでしょうか?
こんな感じで今後もすすめたいと思います。
では、では。



あなたが本当に欲しいのを、ココで探してほし〜の!
  • バギー デニム

  • レスポートサック 2677

  • シャツ ワンピース リボン

  • 彼氏 への 誕生日 プレゼント

  • 楽天で、色んなお洒落なストラップ見比べサイト

  • posted by giftman at 22:45| 卒業祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    クリスマス・プレゼント、お歳暮、お年玉、バレンタインチョコ、エンゲージリング、ジューンブライド、お中元など季節により様々な贈り物の習慣があります。個人的にはお誕生祝い、出産祝い、ン合格祝いなど慶事に多いですね。それ以外でも会社設立祝い、新築落成祝いなどもあります。このようにギフトやプレゼントを交換したり贈ったりする場合、カタログや商品引き換え券を使用する例も増えてきています。
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。