贈り物は人間関係を癒す潤滑油だと言われています。また、さまざま場面でプレゼントが効果的に使われると、予想もしなかった喜びを感じることもあります。プレゼントはサプライズ、喜び、涙、嬉しさ、感動、感謝を伝えるものです。誕生日のお祝いや新築祝い、結婚式、出産祝い、成人式、バレンタインデーなど年間のプレゼントに関連する行事はたくさんあります。最近ではギフトを選ぶとき、カタログやギフト券などを利用する人も増えてきました。またオリジナルなものも好まれます。こうしたプレゼント選びには頭を悩ませますが、このページで素敵なプレンゼントを見つけてください。

2009年08月02日

古橋広之進さん死去 復興のシンボル 国民勇気づけ◎

誰もが気になる関心事はなんでしょう?

各紙の報道を比べてみると、微妙に報道のスタンスが違います。
スポーツ記事も面白いけど、生活に密着した記事も外せません。
さあ、今日もニュースをチェックして世の中の動きに遅れないようにしよう!



古橋広之進さん死去 復興のシンボル 国民勇気づけ
8月2日22時37分配信 毎日新聞






1949年の全米選手権直前の古橋さん



競泳自由形で驚異的な世界新記録をマークした元水泳選手の古橋広之進さんが2日に急逝した。80歳だった。男子四百メートル、千五百メートル自由形などで33個もの世界新記録を樹立し、米メディアから「フジヤマのトビウオ」と称賛された古橋さんは、戦後の復興のシンボルとなり、敗戦のショックから立ち上がる国民を勇気づけた。現役引退後も日本オリンピック委員会(JOC)会長として、日本スポーツ界の顔として貢献した。

日本が五輪復帰を果たせなかった戦後の復興期。古橋さんは国民の期待を一身に背負った。敗戦国のため、日本が参加できなかった1948年のロンドン五輪。五輪競泳の決勝の日、古橋さんは四百メートル自由形で4分33秒4、千五百メートル自由形で18分37秒0をマークした。ロンドン五輪の金メダリストや当時の世界記録をも上回る活躍に、多くの国民は胸のすく思いだった。

国際水泳連盟から日本が復帰を認められた49年、全米選手権に招待された古橋さんは、世界を驚かせた。四百メートル、八百メートル、千五百メートルと自由形3種目で世界新記録を連発。驚きに包まれた現地の米国メディアは尊敬の意味を込め、「フジヤマのトビウオ」とのニックネームを贈った。

85年に日本水泳連盟会長に就任。90年から99年まではJOC会長を務め、日本のスポーツ界の土台を築いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090802-00000020-maip-soci




こんな感じで世の中、動いているんですね。面白いですね。
こんな感じで今後もすすめたいと思います。
明日、いい天気だといいなぁ



今 楽天で話題のしみ防止、コミック、フモフムさん、けいおん、ぼくのなつやすみはこれだ!
  • 肝斑 大阪

  • けいおん! 中野梓

  • ぬいぐるみ フモフモ

  • ぼくのなつやすみ 謎

  • posted by giftman at 22:58| 卒業祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    クリスマス・プレゼント、お歳暮、お年玉、バレンタインチョコ、エンゲージリング、ジューンブライド、お中元など季節により様々な贈り物の習慣があります。個人的にはお誕生祝い、出産祝い、ン合格祝いなど慶事に多いですね。それ以外でも会社設立祝い、新築落成祝いなどもあります。このようにギフトやプレゼントを交換したり贈ったりする場合、カタログや商品引き換え券を使用する例も増えてきています。
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。